読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ace is Salamence!

マンダニスタ。Twitter:TERRA266

拘り鉢巻ゲッコウガ

ポケモン

以前使っていた鉢巻ゲッコウガの紹介。

ゲッコウガ 拘り鉢巻 意地っ張り 147-161-88-×-91-174
変幻自在 滝登り 水手裏剣 蜻蛉帰り ギガインパクト
A目安:204-100マリルリギガインパクトで確定1(ダメージ204~241)
181-120メガガルーラギガインパクトで中乱数1(ダメージ169~201の62.5%)


★物理攻撃
滝登り
183-116 ガブリアスを確定2発 (ダメージ:94~112)

水手裏剣
171-101 メガバシャーモに水手裏剣1発のダメージが42~50=4発当てれば大体落とせる
185-93までのファイアローステルスロック+水手裏剣で確定(ダメージ:48~56)

蜻蛉帰り

227-189 クレセリア(ダメージ:102~122)
207-130 バンギラスを超高乱数2発(ダメージ:102~120)
167-111 サザンドラを確定1(ダメージ:170~204)

ギガインパクト
202-101までニンフィアを確定1
325-62 ラッキー(輝石込み) ダメージ:220~259
212-116 ローブシンダメージ:177~208)
あとは上記の通り

★素早さ

最速レパルダス+1(ほとんど意味ないけど)

【性格について】

・攻撃上昇補正のメリット

マリルリメガガルーラに対するギガインパクトのダメージが大きく変わる。
特にメガガルーラ(181-120)に対しては、攻撃補正有りのギガインパクトが62.5%の中乱数に対し、無補正の場合は12.5%まで落ちてしまう。
マリルリに対しても同様で、無補正だと50%(ダメージ186~220)の中乱数程度となる。

・素早さ上昇補正のメリット
最速にすることで、言わずもがなアグノムライコウラティオス・スカーフバンギラスといったところを抜ける。
ただ火力が足りないので攻撃上昇補正推奨。

【解説】
マリルリが鬱陶しいことこの上なかったので、逆に刺さっているように見せて初手のギガインパクトで潰したら大きなアドバンテージが取れるのでは?という思考から採用。
ギガインパクトは反動こそあるものの、耐久無振りのメガガルーラを落とせる火力を持つことで、相手の立ち回りを大きく崩すことが可能。
ただ起点になりかねないので、撃つタイミングは見極めていくこと。


基本的には、蜻蛉返りで削りながら後続とのコンビネーションで回していく。
これまで、タイプ一致蜻蛉帰りといえばハッサムだったが、コイツでも十分な火力が出る。
水手裏剣は流行のメガバシャーモファイアロー(最速ガブリアス抜き程度の素早さの個体)を縛れる技として優秀である。(正確には縛れているわけではないが)
滝登りは特に入れたい技が無く採用したところ、ガブリアスを確定2発で処理できるという副産物を発見した。(れいとうビームでもよいが、水技は一貫性が高いので)

【他の技候補】
れいとうビーム
いわなだれ
つばめがえし
かげうち

この辺はお好みで。自分としては上記4つの技構成が一番使いやすかった。

使用頻度は、蜻蛉帰り>>ギガインパクト>>>水手裏剣>>>>>滝登りといった具合。
ダメージ計算少ないけど正直面倒だったので許してください。

ここまで閲覧ありがとうございました。
何かあればTwitter(TERRA266)かコメントまでどうぞ。